桃の節句(ひな祭り)の食べ物、飲み物

3月3日は桃の花が咲く時期。桃の節句ともいわれます。

 

 

多くの実がなる桃は生命力の象徴と言れ、街には桃を使ったスイーツがあふれます。

 

雛遊びのときに食べられていた雛あられや、旬のはまぐりも定番。

 

大人は桃の花を浮かべたお酒か、江戸時代から流行った白酒(餅米やみりんからつくったもの)を、お雛さまを眺めながらたしなむのです。

菱餅

  • 菱餅の桃色は桃、白は清浄を表し、緑は邪気を祓うとされるよもぎを使用しています。
  • 菱形は女性を象徴する形だからといわれます。

雛祭りには欠かせない菱餅は、植物としての菱の強い繁殖力にあやかり、子孫繁栄を願うものです。菱の実は滋養強壮によいとされ、赤白緑の三股の菱餅では、白い餅に菱の実を入れ、清らかな雪を表わします。赤い餅は解毒作用のあるくちなしで色づけ、厄除けの意味を持つ桃の花を表わし、緑の餅は増血効果のあるよもぎ餅で、健康を祈る新緑の若葉を表わします。

雛あられ

  • 関東と関西で違いがあり、関東のものはうるち米が原料としていて甘いです。
  • 関西では原料はもち米で、醤油や海老などが入っています。

菱餅とともに、雛飾りにお供えするお菓子として、ひなあられは欠かせません。米を妙って、豆を妙りまぜ、砂糖をよくまぶします。豆は大豆か、黒豆。菱餅と同じく、長寿や純潔を表わす白、魔除けの赤、健やかな成長の緑という三色で彩ります。

ちらし寿司

  • 縁起のいい具が彩り豊かに盛り付けられます。
  • 鮭はたくさん卵を産むので、「子宝にめぐまれる」といった意味が含まれています。

蛤(はまぐり)のお吸い物

  • 左右の貝殼がぴったりと合うことから夫婦和合に通じるとして、女の子の幸せな結婚生活を願うために作られる縁起物の料理。

蛤は、一対の具がぴたりと合わさって、他の具とは合いません。そこから転じて、一組の夫婦が一生添い遂げますように、との願いを込めて、桃の節句では、蛤のお吸い物をいただきます。そのとき一対の蛤の具には、具を二つ入れるそう。

田螺(たにし)

田螺の貝は、まん丸くて、つぶらな形。そんな田螺を食べて、つぶらな瞳の、きれいな顔立ちの女の子になりますように、と桃の節句に田螺をいただくようになったとか。田でとれる巻き貝で、昔は貴重なたんぱく源でした。

白酒・甘酒

  • 古代中国では、邪気を祓うとされた桃の花を白酒に入れて「桃花酒(とうかしゅ)」として飲んだといいます。
  • 現在は、白酒や甘酒を飲みます。

間違見やすいのですが、白酒と甘酒は別のお酒です。

白酒 甘酒

桃の節句にお供えする白酒は、蒸したもち米に、米麹、味醂(みりん)または焼酎を混ぜて寝かせ、ひと月ほど熟成させたらすりつぶして作ります。

 

白酒の紐の如くにつがれけり
 高浜虚子

桃花酒

桃花酒は、桃の花を刻んで酒に浮かべたもの。桃は百歳に通じるため、長生きの縁起物の酒とされます。中国の故事に、桃の花が流れる川の水を飲んだところ、三百歳まで生きられたとあり、それにあやかって、曲水の宴で飲まれるようになりました。ちなみに、平安、室町の頃までは桃花酒が主流だったのが、江戸の頃から白酒が人気になったとか。

よもぎ餅


古代中国では、旧暦三月の最初の巳の目に、母子草を入れた餅を食べるならわしがありました。ところが母と子をついて餅にするのは縁起が悪いということで、日本では、代わりによもぎを用いるようになりました。草餅ともいいます。

 

をおもふ憶良(おくら)の歌や蓬餅(よもぎもち)
  竹下しづの女(じょ)

 

雛人形のインターネット通販

 

創業50年の雛人形・五月人形専門店【工房天祥】

雛人形【工房天祥】

直販価格!雛人形・五月人形なら【秀光人形工房】

雛人形なら【秀光人形工房】

260年の伝統技法、雛人形・五月人形の【真多呂人形】

木目込みの雛人形は真多呂人形

無形文化財の技術を継承した雛人形の人形師【原 孝洲】

雛人形の人形師【原 孝洲】オンラインショップはこちら

桃の節句に関する商品

料理関連

中華グルメの【聘珍樓(へいちんろう)】直販ショッピングサイト

カスタードパンダ 2個入 聘珍樓の肉まんシリーズ

日本橋 古樹軒

(冷凍)寿桃(桃まんじゅう)(小) 10個

おもちゃ

楽天おもちゃ大賞

プレミアム バンダイ